農縁くらし

環境の邪魔にならない程度の距離で無農薬無肥料栽培を目指す「からふる亭」の日常(´▽`)

しまんと新聞ばっぐインストラクター

この度、しまんと新聞インストラクターのなりましたー!!!

f:id:anjing00monyet:20190912195210j:image

しまんと新聞ばっぐを最初に知ったとき、 めちゃめちゃカッコイイと一目惚れ。

f:id:anjing00monyet:20190912195239j:image
新聞紙を古紙回収に出して、リサイクルに回されるけど、
電気やガソリン使って、裁断したり、圧縮したり、 運搬したりして、
結局、環境に悪いような気がしてました。


何より、再生紙の方が高いのも腑に落ちなくて、その上、 再生紙は茶色っぽくて、なんかかっこ悪くて、 自分が取り組みたいエコと違うかなと感じてました。
もちろん、雇用を生んだり、 利用できない古本とか再生紙に変わるの良いことなので、 古紙のリサイクルは悪いことではなく、良いことだと思います。


ただ、自分がするなら、「かっこいいエコがいいなぁ」 と考えていたところに、出会ったのがしまんと新聞ばっぐ!


これは、絶対ヤバイ奴やんと直感しました。 いつか買いたいと妄想していたところに、 インストラクター講習会のお知らせがありました。


行かないとと、突き動かされるまま、行ってきました! 高知県四万十町

f:id:anjing00monyet:20190912195302j:image
四万十町は、栗が有名で、 栗を使った特産品等販売されている四万十ドラマという会社があります。栗好きの我が家は、 ここで妻のサプライズプレゼントでも買おうと代表の畦地履正さん のfacebookページをフォローしたりして、 栗の情報が流れるのを楽しく拝見していました。 全然面識ないですが、美味しい栗情報を見ながら、 ウキウキしていました。

f:id:anjing00monyet:20190912195335j:image


さて、当日、集合時間に遅れて会場に到着するという失態をおかしながら、 講習会場に入ると、畦地さんがいらっしゃり、えっ!?あっ!? と色々とパニック。話を聞くと、 畦地さんが理事を務めるNPO法人が、この講習会を開催しているとのこと。栗の話、あとで聞きたいと違うことを考えていたら、講習が始まりました。

f:id:anjing00monyet:20190912195402j:image
しまんと新聞紙ばっぐインストラクター養成講座の歴史は10年と 長く、 全国に600名のインストラクターが誕生しているようです。


このバッグ誕生のきっかけは、2003年。 四万十ドラマをプロデュースする梅原真氏が「 最後の清流と言われる四万十で、 野菜や特産品をビニール製のレジ袋で包むのは似合わない。 これからは古新聞で包もう!」と提案したところ、地域の主婦が新聞紙で作 ったバッグを考案。そこから改良を加え、現在の形になったそうです。その後、世界からも注目を浴び、ボストンのミュージアムショップ 、ニューヨークやイギリスの美術館にも輸出するようになった。 さらに倉本聰さんと一緒に活動したり、これから小林武史さん、 安藤桃子さんとも活動していくらしく、 来年の4月にはイタリアのミラノでワークショップをするようです 。


知らなかった。凄すぎる、しまんと新聞ばっぐ。


しまんと新聞ばっぐの材料は、新聞紙とでんぷんのり。 強度を考えれば、樹脂の入ったボンドなど使いたいとこですが、 捨てたときに自然に分解されにくいボンドは使わない、 環境に良いものにしたいという徹底したこだわりを感じました。 実際に作ってみると、 強度がでるように細かい工夫が散りばめられていて、 目からおちたうろこをひろうぐらい勉強になる知識が沢山ありまし た。なんとかかんとか、試験をパスして、 無事にインストラクターになりました。

f:id:anjing00monyet:20190912195210j:image
そのうち、ワークショップもやりますし、 使用に耐えうる製品になれば、1個150~500円で販売もしますので、 ぜひ購入していただけますと大変嬉しいです。
ビニール袋の使用量を少しずつ減らしていけたら、 いいなぁと思って活動しています。


しまんと新聞ばっぐは、
『新聞紙で地球を包もう』というコンセプトで活動されています。 少しでも新聞ばっぐの活動が広まっていくことを心より願っていま す。

 

 

どうぞ宜しくお願い致します。

立川こはる落語会@平生町

立川こはる落語会@平生町、無事に終了しました。

f:id:anjing00monyet:20190827053735j:image
今回、カメラを忘れ、講演中の写真はありません。すみません。

立川こはるさん、目の前のお客様を楽しませようとする情熱が好きで、
今回来ていただけないかなと御相談したら、快く承諾してくださいました。

さらに、今回、山口県では、”初”公演で、さらに、山口県にいらっしゃったことがないということで、もし宜しければ山口観光をしていただけないかと御提案したところ、
スケジュールの都合をつけて、山口観光もして下さることになりました。事前のお話では、湯田温泉秋吉台に行きますとのことでしたので、秋吉台秋芳洞のゴールデンルートに行かれると思っておりました。

さて、落語会当日、山口観光を終え、平生町へお越し下さりました。送迎の車内で、「秋芳洞、どうでした?」とお聞きすると、

秋吉台に行って、タクシーの運転手さんから景清洞もあるよという色々と観光案内を受けまして、結局、景清洞に行ったんですよ!」
「落語の演目に景清ってのがあるんですけど、源頼朝の命を狙って失敗し捕えられた平家の景清が、京都に「源氏の世は見られぬ」と両目をくり抜いて納めたという話でして、その話と関係があるのか思いましてね。景清洞に行って名前の由来を見てみると、壇ノ浦の戦いに敗れ目を負傷していた平景清が、洞内の清水で目を洗ったところ傷が治癒したことから名づけられてるんですって~~~~」と、こはるさんは、落語と関連のある場所に行けたことを大層喜んでおられました。しかも平生町に来る少し前に景清の噺をされたようで、山口と落語が繋がるなんて、なんか嬉しいですね。

 

 

その後、会場に到着、リハーサルなど経て、落語会が始まりました。

f:id:anjing00monyet:20190827053929j:image
マクラでも先ほどのお話をされて、そのまま「景清」の本編に行くことも考えられたようですが、「権助魚」が始まりました。
今回は、会場内に子どもがいたので、「権助魚」小さいお子さま対応、自主規制バージョンだそうです。権助魚、NHK新人落語大賞の決勝でも披露された噺で、これを見てこはるさんにハマった私は、生で見れてとっても嬉しかった。楽しかったなぁ。ゲラゲラ笑った。次は大人バージョン見たいです!

2席目は、「船徳」。こはるさんの魅力が爆発してました。船徳の面白さをお客様にまっすぐ届けてくださいました。夏の暑い時期に、夏の噺が聴けるのは最高ですね。そういえば、船徳を聴いたうちの息子は、風に当たると涼しくなるって言いながら、外を走ってました。落語の影響をすぐに受ける変な息子です(-.-)

3席目は、なんと「ねずみ」。人情噺をやってくださるなんて、素敵過ぎます。しかも、調べてみると先週ネタ下ろしした演目みたいです。ネタ下ろしとは、初めてお客様の前でその噺をかけること。先週(8/17)、お客様に披露したばかりの噺を、平生町でもやってくださるなんて、嬉しすぎます。そして、お客様の前で話すのが、2度目とか3度目とかそんなレベルではなかったです。めちゃめちゃ感動しました。

心を鷲掴みにされました。

その瞬間、こはるさんは消えて、私は物語の世界に入ってしまいました。ねずみ屋の店主、目の前で木彫りのネズミが動いている、木彫りの虎がネズミを見ている、その前で右往左往する人々、江戸の風を肌で感じました。そういえば、同じような体験をしたことを思い出しました。こはるさんの師匠の、立川談春独演会に行ったとき、物語の世界に完全に入り込んで、江戸の世界を楽しんだ、あの感じに似てました。やっぱり、師匠の芸は受け継がれているんだなぁって、大変感動しました。

そのあと、サイン会にも快く応じて下さり、とても楽しい会となりました。
落語会の会場では、松本農園さんがとても美味しそうな野菜と加工品を販売して下さり、こはるさんはCDとてぬぐいを販売していただき、賑やかな会になりました。また県外からのお客さまも多く、平生町内で、ご飯を食べて下さった方もおり、町おこしとしても良い結果に繋がり、色々と思い出に残る会となりました。

こはるさん、また平生町に来ていただけそうです。また、決まったら、連絡しますね!

最後に、会場撤収をしてくださった皆様、ありがとうございました。また、人数が少なく売れるかどうか分からないにも関わらず、野菜の販売を快く引き受けて下さった松本農園さん、本当にありがとうございます。いつも会を手伝ってくださる光がんざき亭さん、本当にありがとうございます。最後に、前日仕事で疲れているのに、会場運営をしていただいた妻と、会場準備を手伝ってくれた息子にも心から感謝致します。

f:id:anjing00monyet:20190827053844j:image

 

また来年のイベントのご参加お待ちしております!

立川こはる落語会 平生町

立川こはるさんの落語会、こはるさんがめくりを持ってきてくださるということで、めくり台をDIYしました。木はホームセンターで2本400円、上の方にある幅の広い木は無垢のフローリングの廃材を使い、出来上がりでした。

こんなに安上がりなら早く作れば良かった!

f:id:anjing00monyet:20190823220706j:image

 

あと、会場では、松本農園さんのもち麦と大麦甘酒を販売する予定です。天候次第でお野菜、ナス、ミニトマト、バジル、唐辛子など販売されます。ぜひ、お買い求め下さい^_^

f:id:anjing00monyet:20190823221525j:image

 

山口県平生町立川こはるさんが来て下さることになりました。
立川こはるさんは、立川談春師匠の1番弟子です。厳しい師匠のもと、日々精進されています

私が、こはるさんの落語を見たのは、生ではなく、テレビですが、2017年 NHK新人落語大賞勝戦でした。
演目は権助魚で、4歳の子どもと一緒に笑ったのを覚えています。その後、別の番組に出演されたとき、
子どもが「あ、この前の面白い人!!」と覚えていて、そのとき子どもにも伝わる技量をお持ちの凄い方なんだなと思いました。
いつか絶対にお呼びしたいと連絡したところ、承諾いただきまして、今回の公演が実現しました。

ちなみに、山口県での公演は、初だそうです。ぜひ、お越しいただけますと幸いです。

≪日時≫
8月25日(日) 14時開演(13時30分開場)
≪場所≫
平生町曽根地域交流センター

≪料金≫
事前予約:大人2000円 学生(18歳まで)500円
当日  :大人2500円 学生(18歳まで)500円

≪ご予約・お問い合わせ≫
私にFacebookメッセージ、
050-5328-5325へ電話、
colorfultei@gmail.comにメール

立川こはる落語会予約申込 に入力をお願い致します。

▽枚数
▽お名前(ひらがな)
▽ご連絡先(メールアドレスまたは電話番号)

をお知らせください。

私からの応答があり、予約確認ができた時点で、予約受付完了となります。入場料は、当日受付で名前を言っていただき、清算させていただきます。どうぞ宜しくお願い致します。

 

#セブンルール

 

 

f:id:anjing00monyet:20190823220814j:image